Now Loading...

character

水無 灯里
水無 灯里
ARIAカンパニー
個人経営の水先案内店・ARIAカンパニーを切り盛りする、マンホーム出身のプリマ・ウンディーネ。素敵な物事に対する感受性が人一倍強く、これまでアクアのさまざまな魅力を発見してきた。天真爛漫な笑顔は周りの人を自然と惹きつけ、“友達作りの達人”と評されたことも。アイの入社にともなって、後進の育成にも奮闘中。通り名は「遙かなる蒼(アクアマリン)」。
アリシア・フローレンス
アリシア・フローレンス
ARIAカンパニー(現役時代)
「水の3大妖精」と称えられたトップ・ウンディーネのひとりで、華麗な操舵術と典雅な挙措で多くのファンを魅了した。結婚を期に現役を退き、ARIAカンパニーの経営権を後輩の灯里に譲渡。現在はゴンドラ協会の常務理事として働いている。プリマ昇格の最年少記録は、いまなお破られていない不滅の金字塔。現役時代の通り名は「白き妖精(スノーホワイト)」。
愛野 アイ
愛野 アイ
ARIAカンパニー
ARIAカンパニー所属の新米ウンディーネ。かつて旅行中に灯里のゴンドラに乗ったのをきっかけに、アクアとウンディーネの魅力に開眼。以来、度々ネオ・ヴェネツィアを訪れていたが、募る思いを抑えきれず、灯里の後を追うようにARIAカンパニーに入社した。まだシングルの身でありながら、先輩である灯里のサポートをてきぱきとこなすしっかり者。
アリア・ポコテン
アリア・ポコテン
ARIAカンパニー
航海の安全を祈念して青い瞳の猫を店の象徴とする業界の習慣にのっとり、ARIAカンパニーの社長となったアクア猫。伝説的ウンディーネ・グランドマザーによる創立に始まり、アリシア、灯里へと受け継がれてきた会社の歩みをずっと見守り続けてきた。人の言葉をしゃべることはできないが、知能は人間並み。とっても食いしん坊で、甘いものには目がない。
アリス・キャロル
アリス・キャロル
オレンジぷらねっと
ミドルスクール在学中に新興水先案内店・オレンジぷらねっとにスカウトされた経歴を持つ天才少女。当初は人付き合いを苦手にしていたが、灯里と藍華という無二の友を得たことで徐々に改善。史上初となるプリマ・ウンディーネへの飛び級昇格を果たし、業界期待の超新星として注目を集める存在となっている。通り名は「黄昏の姫君(オレンジ・プリンセス)」。
アテナ・グローリィ
アテナ・グローリィ
オレンジぷらねっと
業界随一の舟謳(カンツォーネ)の歌い手として知られる、オレンジぷらねっと所属のプリマ・ウンディーネ。かつてはアリシア、晃と並んで「水の3大妖精」に列せられていたことも。気配りの達人でありながらドジっ子という、両極端な性格の持ち主。彼女の謳声を熱望する人々の声に押され、現在はオペラ歌手としても活動中。通り名は「天上の謳声(セイレーン)」。
アーニャ・ドストエフスカヤ
アーニャ・ドストエフスカヤ
オレンジぷらねっと
オレンジぷらねっとに所属するシングルのウンディーネで、アリスの後輩。冷静かつ、ふわふわおっとり系な性格でありながら、時として初対面の相手に言葉の意味もわからず「シベリア送りですっ」と言い放つような天然っぷりも発揮。たまに言葉が文学調。姫屋のあずさとともに、名門店として知られるARIAカンパニーが採用した新人のことを気にかけていた。
藍華・S・グランチェスタ
藍華・S・グランチェスタ
姫 屋
老舗の大手水先案内店・姫屋の跡取り娘。マンホームからアクアにやって来た灯里にとって、初めてできた同業の友達でもある。プリマ・ウンディーネに昇格後は新規開店した支店の運営も任され、忙しくも充実した毎日を送っている。負けず嫌いで思ったことははっきり口にするタイプだが、意外と泣き虫な一面も。通り名は「薔薇の女王(ローゼン・クィーン)」。
晃・E・フェラーリ
晃・E・フェラーリ
姫 屋
姫屋所属のプリマ・ウンディーネ。ともに「水の3大妖精」と称えられたアリシアの引退後は、名実ともに業界トップに君臨している。匠の域に達した接客術が最大の武器で、客いじりもお手のもの。後輩に対しては怒るときは怒るがほめるときはしっかりほめるのが信条で、相手が経営者の娘である藍華でも遠慮はない。通り名は「真紅の薔薇(クリムゾン・ローズ)」。
あずさ・B・マクラーレン
あずさ・B・マクラーレン
姫 屋
姫屋の支店で働くシングルのウンディーネ。先輩の藍華を思わせる物怖じしない性格で、藍華から直々に指導を受けている自分のことを「有望株」と称するなど、少々自信家なところも。興味があることには後先考えずとりあえず挑戦してみるタイプ。気になった情報は、持ち歩いている電子手帳にすぐメモをする。オレンジぷらねっとのアーニャとは練習友達。
愛麗・S・グランチェスタ
愛麗・S・グランチェスタ
姫屋の総支配人
姫屋のクィーン(総支配人)。現役時代は同店のトップ・ウンディーネとして活躍し、一人前になる前の晃を指導。信頼を置く晃に、姫屋に入社後、次第に笑顔をみせなくなっていた娘・藍華のことを託した。
出雲 暁
出雲 暁
火炎之番人(サラマンダー)
浮き島で働くサラマンダーの青年で、アクアの気候を守る職務に強い誇りを持つ。灯里が初めて接客した相手でもあり、以来、彼女のことを「もみ子」と呼んでいる。デリカシーのない暑苦しい性格。
アルバート・ピット
アルバート・ピット
地重管理人(ノーム)
アクアの重力を1Gに保つ仕事に従事するノームの青年。藍華が想いを寄せる相手でもある。大人びた性格の一方で、ダジャレ好きな一面も。一人前になった今では、以前に比べて身長が高くなった。
綾小路宇土51世
綾小路宇土51世
風追配達人(シルフ)
エアバイクで物資を運搬するシルフの一員。空のように大らかな心を持ち、灯里の“恥ずかしいセリフ”にも素直に共感できるロマンチスト。暁やアルとは幼なじみ。
グランマ
グランマ(天地秋乃)
ARIAカンパニー創設者
30年以上にわたって業界トップの座を守り続けた、「現代のウンディーネの母」と呼ばれる存在。ARIAカンパニーの創設者で、アリシアの師匠でもある。現在は城ケ崎村で隠居生活を送っている。
明日香・R・バッジオ
明日香・R・バッジオ
水先案内人ミュージアム館長
水先案内人ミュージアムの館長で、姫屋の歴史に輝かしい足跡を残した伝説的ウンディーネ。由緒あるゴンドラを受け継ごうとしない藍華の真意を知りたいあずさたちに対し、救いの手を差し伸べる。